使いすぎてはいけない

使いすぎるデメリット

新しくマウスウォッシュを買ったら、どのくらいの量を使えば良いのか調べてください。
製品ごとに適量が決まっており、それを守らなければいけません。
適量より多く使うと、常在菌も死滅します。
常在菌とは口内にもともと存在する菌で、口内環境を良くするために活躍してくれています。
それがなくなるとバイ菌が侵入しやすくなり、結果的に虫歯や歯周病になるのでマウスウォッシュの適量を守りましょう。

指定された適量より多く使っても良い効果はありませんし、消費するスピードが早くなるだけです。
すると何回も買い直さなければいけないので、余計な出費が増えるでしょう。
無駄に使うと身体に悪影響を与えるだけでなく、家計にも負担をかけると忘れないでください。

虫歯になりやすい時間帯

1日の中で、最も虫歯になりやすい時間帯があります。
それは夜の眠っている間なので、特にその時間は口内環境を綺麗にするように心がけましょう。
そこでマウスウォッシュは、就寝前に使うのが良いと言われています。
マウスウォッシュには、フッ素が含まれている製品もあります。
それを使って口をゆすぐことで、歯をフッ素でコーティングできます。

汚れが付きにくくなったり、虫歯菌の繁殖を抑えられたりするので就寝前も忘れずにマウスウォッシュを使いましょう。
製品ごとに、得られる効果が変わります。
価格や低刺激タイプという部分にこだわって選択している人もいますが、それぞれの製品の効果を比較して、希望に一致するものを購入しましょう。


この記事をシェアする