口内を殺菌するために

マウスウォッシュを使うタイミングは、歯磨きが終わった後です。
そもそもマウスウォッシュは、口内を除菌することを目的にしています。
正しく効果を発揮するためには、少しでも口内が清潔な状態の時に使わなければいけません。
またマウスウォッシュを使った後は、飲食を控えましょう。
それでは意味がありませんし、菌が繁殖しやすくなるデメリットがあります。
低刺激タイプのマウスウォッシュも登場しているので、自分に合う製品を見つけてください。

マウスウォッシュは、使いすぎないでください。
たくさん使っても、効果を大きくさせることはできません。
逆に、必要な菌まで除去してしまう恐れがあります。
口内には、常在菌という必要な菌が存在しています。
それは口内環境を守るために欠かせない存在なので、マウスウォッシュの適量を守りましょう。
特に就寝前に使うと、寝ている間の口内環境を清潔にできるので、虫歯菌の繁殖を抑えられます。

マウスウォッシュの適量は、10ミリリットルから30ミリリットルぐらいだと言われています。
毎回自分で計量するのは面倒ですが、大抵のマウスウォッシュにはキャップが付属しています。
そこに目安のラインが書かれているので、適量をすぐに把握できるでしょう。
適量を口に含んだら、ゆすいで口内全体にマウスウォッシュを行き渡らせます。
この時に、数秒で吐き出さないでください。
殺菌効果を発揮するためには、15秒から30秒ほどゆすぐことが大切です。

汚れを綺麗に落とせるように

口内環境を清潔にするには、歯磨きだけは足りません。 マウスウォッシュを使ってください。 マウスウォッシュは歯を磨いた後に使うもので、殺菌効果があります。 刺激が苦手な人や子供は、低刺激タイプの製品が良いでしょう。 日頃から、マウスウォッシュを使うことを習慣にしてください。

使いすぎてはいけない

大きな効果を発揮するためには、たくさんマウスウォッシュを使った方が良いと思っている人が見られます。 しかしたくさん使うことは逆効果で、口内環境が悪くなる可能性があるので控えてください。 製品によって適量が決められているので、それを守ってください。

目安が書かれている

キャップに線が書かれているので、そこまでマウスウォッシュ出したり、ポンプを2回プッシュしたりするなど、マウスウォッシュの目安はわかりやすいです。 そのため面倒に感じず、マウスウォッシュを使えます。 マウスウォッシュを口に含んだら、口内全体に行き渡らせてください。